SFAを導入する場合のポイント

SFAを導入する場合には、本当に成果が上がるのだろうかと心配になるのは、誰しもですが、その場合に、もしかしたら、明確な将来の利用状況が描けていないのではないかということがあるかもしれません。ただ単に他の企業などが利用して、実績をあげているから導入しようということでは、やはり導入してみたけれど実績が上がらないということで、猫に小判ということになる可能性もあります。何かを購入する時に、個人でもそれがほしいということで、手に入れればどのように嬉しく、うまく利用できるかわかるということがあります。漠然とした不安があるということは、明確な利用の道筋がわかっていなくて、ただ単にうまくいくかもしれないという気分的なものということになります。それでは多分成果は難しいでしょう。そのような視点からも見てみる必要があります。

SFAを導入する時の目的と状況

SFAを導入する時には、目的と状況を明確にする必要があります。そしてそれらのシステムを使う営業の担当の人達が、その目的と状況をしっかり把握するということも重要になります。例えば社長などや幹部だけ導入した時の会社の業績が上がる夢を見ているような場合には、利用する現場が置いてけぼりになってしまっているということが多くて、非常に使いにくい状況になってしまっているということもよくあります。うまくいけばよいのですが、そうでない場合は、足を引っ張ることにもなりかねません。やはり現場の人たちの意見も聞きながら、現場で利用しやすいシステムを導入するということが効果的ではないかということになります。目的は業務の支援と効率化ですので、導入の満足感ではないということが言えます。そのようにまず営業がしやすいようなシステムが重要になります。

SFAは営業支援システムを表します

SFAとは、SalesForceAutomationと言われ、営業支援システムに意味をなしています。それぞれの企業等で利用されている情報システムのことで、主に営業の活動を支援し、効率良く仕事を捗らせるシステムを指します。それは自社の既存顧客の存在から、近い将来顧客になるであろうと言う存在等に、営業活動の支援をし、情報の提供から記録することや管理をすることが出来るシステムになります。また顧客や見込みされる客との過去においての商談内容から、今現在の状況までの進捗状況などの確認でも出来ます。営業マンにとっては、必須のアイテムになっています。手帳に書き残した時代は終わり、システムが管理出来る時代になりました。この営業支援システムが発達したことで、個人の情報が会社の情報になり、広く活用出来ることになったことも、このシステムが大事にされることなので、これからも広く使われることになるのでしょう。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*