職場におけるSFAの役割

SFAとは、営業支援システムのことで、セールスフォースオートメーションのそれぞれの単語の頭文字3つを取ったものです。会社などで利用される情報システムやソフトウェアの一種で、営業活動を支援して効率化を図ることを目的としています。顧客についての、あらゆる情報を記録管理しておくとともに、案件の進捗状況やスケジュールを一覧して見ることができます。このシステムを組織として利用することにより、常に情報を共有し、個々人ではなく、組織として業務を進めることができます。自分が勤務しているのは大学ですが、大学には学生に関する履修や成績情報はもちろんのこと、共同研究の相手先、就職先の情報など、いわゆるビッグデータが存在します。しかし、現在は個々のデータが独立していて、それぞれを関連づけ、大学の運営に活かすということができていません。それを打破するためにもSFAの導入が喫緊の課題となっています。

早めの導入が好ましいSFA

SFAを使うことによって営業活動の情報を簡単に管理をすることができるようになっています。こうした情報を共有化することによってそれぞれの社員の活動に生かすことができます。また、そうした情報を分析するというようなことも簡単に行えるようになっています。情報の分析によってどのようなニーズがあるのかというようなことですとか、商談の成否に関わる情報などを把握することができるようになっています。そのためにこのような情報を将来に生かすことができるようになります。蓄積された情報というのはこれからの営業活動に活用をすることができるようになるものです。このような情報は蓄積されればされるほど、そのように生かすことができる訳なので、SFAのようなシステムはなるべく早めに導入をしていくようにするのがいいのではないでしょうか。

SFAで情報を共有化する

営業の活動の時には営業日誌の作成などが大事です。こうした日誌を参考にすることによって商談の成否などにも関わってくるようになります。このようなそれぞれの社員の活動の情報などを一元的に管理をしていくというようなことこそが、売り上げの増加にもつながってきます。しかしこうした営業の仕事を昼間に行って、それを帰ってから日誌を書くというようなことになるとどうしても時間をとられるのでおろそかになりがちです。そのために参考になる情報が記載をされないというようなことも珍しいことではありません。そうした手間を省くためにSFAが活用されます。SFAならば日誌作成の手間を省けるので、それぞれの社員も時間を気にすることなく日誌を作ることができて、その情報を社内全体で活用をすることができるようになるということなのです。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *