SFAをわかりやすく考える

あまり聞きなれない言葉と感じる人も多いでしょう。しかし実は知らずに使っています。SFAとは、仕事を助けてくれるシステムのことで顧客や営業活動に関する情報などを記録したり管理することができます。また過去の商談などの履歴や案件の進捗情報やアポイントメントや期限といったスケジュールの管理などもでき、日々戦うサラリーマンの強い味方になる存在です。普通の人だってメールやカレンダーアプリなどを使って自分のスケジュールを管理したり他の人から情報を入手したり共有したりしています。それらを仕事用に使いやすくひとまとめにしたソフトウェアのことをSFAと呼びます。そんなに難しく考えなければ、なんだそんなことか的なレベルです。そうやって聞くと、自分もけっこう使っているかもと感じる人もたくさんいるはずです。実は身近な存在なんです。

SFAの導入はスマートフォンとの連携が重要です。

インターネットサービスの活用が急速に進んできています。インターネットが登場した当時は電話回線を利用しており、通信速度や通信容量などは発展途上でしたのでストレスの貯まるものでした。それが今日では高速で通信可能になってきていますし容量も非常に大きいものになってきています。また従来型の携帯電話から急速にとってかわって普及率が上がったスマートフォンもこのインターネットサービスの充実に関与してきています。いつでもどこからでも簡単にインターネットにアクセスすることができようになり、誰もがネットを活用するようになったのです。このためにビジネスチャンスも多くなり、ますます可能性が広がっているのです。とくに外出先などからでも情報を閲覧できるスマートフォンはインターネットサービスを活用したSFAと組み合わせることによりさらなる便利さが向上するのは間違いありません。

SFAは情報共有化がスムーズに行えます。

バブル景気の崩壊以降、日本経済においては活動が鈍化する状況が続いてきました。一時的に好景気になるようなケースもありましたがその後の反動などから脱却することが出来ずに20年ほどが経過してきています。最近では政府主導での景気対策や株価対策で回復してきているとの見解もありますが、多くの日本国民が実感できるまでには至っていません。そのために多くの企業や事業所においては少しの売り上げでも利益を確保することが出来る、少ない人員や経費などで効率よくビジネス運営が可能になるような取り組みを進めてきているのです。そこで注目されているのが営業支援システムであるSFAの導入になります。このシステムを導入し運用することにより情報の共有化やデータの閲覧などがスムーズに進みますので効率よくビジネスを進めていくことが出来るのです。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*